インドネシア国家医薬品食品監督庁の皆さんが来所しました。

 11月16日に、JICA(独立行政法人国際協力機構)が主催する「インドネシア医薬品・食品安全強化プロジェクト」研修の一環として、インドネシア国家医薬品食品監督庁の技術者の皆さん6名が来所されました。茨城県庁において「茨城県のHACCP普及の取り組み」を聴取した後、中小食品事業者のHACCPの取組を視察研修するため、当所に立ち寄りました。視察研修にご協力くださいました、株式会社マルトSC笠原店様、亀印製菓(株)様、

だるま食品(株)様には、ご多忙中にもかかわらず懇切丁寧な対応を頂きありがとうございました。研修生の皆さんは、11日間の研修を終了し無事に帰国したとのことです。インドネシアには、当協会のような食品事業者の組織がなく、とても参考になったとのお話を頂戴しました。また、研修関係者の方からは、研修生の皆さんは、茨城県内で丸一日とても参考になる良い視察研修ができ、とても良い思い出になったと感想を述べらたと聞いております。インドネシアでの食の安全面での今後のご活躍を期待します。

研修生の皆さんと事務局職員
公益社団法人 茨城県食品衛生協会

〒310-0852 水戸市笠原町600-44 TEL:029-241-9511 FAX:029-241-8372