第1種フグ取扱者及び遊漁船フグ取扱者技術講習会を開催しました。

 9月2日(土)に、茨城県フグ取扱指導要綱茨城県遊漁船上におけるフグの除毒処理に関する指導要要項に基づき、当協会が茨城県知事の指定を受け中川学園調理技術専門学校を会場に、技術講習会を開催しました。第1種フグ取扱者58名、遊漁船フグ取扱者29名の皆さんが早朝から講義や実習に真剣に取り組みました。講義では、フグの取扱に関する法規制や種類鑑別の要点、毒性と衛生対策、各資格の業務範囲等について十分に知識の習得に努めていただくとともに、実習では、フグの現物を見て触っての種類鑑別、遊漁船の皆さんは釣り人が安全に持ち帰るための除毒処理実技等を確認いただきました。また、講師の先生によるデモンストレーションでは、丸フグの調理ができる第2種フグ取扱者技術認定試験の模範ともなる、見事な手さばきをフグ処理手順に従って見学し、改めてフグの取扱い規制の重要性を再認識いただきました。

 受講者の皆さんからは、たいへん役に立つ講習会だったとの多くの感想を頂戴しました。

 なお、フグ取扱に関しては、茨城県食の安全情報WebSiteをご覧ください。

受講者の皆さん
実習でフグの種類鑑別
フグの違いの確認
講師の手技に真剣な眼差し
遊漁船フグ取扱者の除毒処理実習
講義も真剣に受講しています。
講師の見事な手さばき
食べられないもの
食べられるもの
皮と皮下組織(とおとみ)。フグ刺し。
フグの特徴を触って確認。

公益社団法人 茨城県食品衛生協会

〒310-0852 水戸市笠原町600-44 TEL:029-241-9511 FAX:029-241-8372